ジーザスライフハウスは間違いなくカルトです – Ben Ellsworth

Fujishimaさん、Michaelさん、お二人のジーザスライフハウスについての観察を読んでとても感謝しています。なぜなら、私もそこで全く同様のことが行われていることを見たからです。私は十分に尊敬されているキリスト教の講演者で、プロテスタントや聖霊派の教会で話したり教えたりすることもあり、また、アウトリーチイベントや、宗派内のプロジェクトの指揮を取ることも多くあります。私はJLHに数ヶ月参加していました。その間、自分の見ていることに対して警報がどんどん強くなっていきましたが、そこにいる人々のケアのために可能な限り留まっていました。

私はJLHで何らかのポジションを得ることを望んだことも、それについて考えたこともありませんが、ライフグループリーダーたちから信頼されるようになり、彼らに普段から聖書的な視点からの洞察について尋ねられていました。ジーザスライフハウスは100%聖書を信じていると言います。しかし、全体の文脈やバランスを正しく捉えるために通常引用される聖句が引用されないことが甚だしく目立つとともに、RodやRyutaの説教では彼らの大変偏った見方に合わせるために聖句が文脈から剥ぎ取られています。例えば、マタイ19:29「また、私の名のために、家、兄弟、姉妹、父、子、あるいは畑を捨てたものはすべて、その幾倍をも受け、また永遠の命を受け継ぎます。(新改訳)」、マタイ12:48-50、また、ルカ14:26などは「神の言葉」としてとても強調されます。しかし、第一テモテ5:8「もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって、不信者よりも悪いのです。(新改訳)」のような聖句に言及することはありません。これは、この教会の、他にリーダーシップを持った経験のない若いクリスチャンリーダーたちが、そのメンバーたちとのディスカッションにおいて、彼らに与えられた特定のトピックに関連する聖書箇所のリファレンスを持っていように言われる理由です。

しかし、もっと悪い実情があります。私は自分が目撃したことを忘れることはできません。まだ私がJLHにいた頃、Rodは教会のある若いメンバーにまつわる作り話をでっち上げようとして大きな嘘をついていることを告発されました。彼はそのメンバーが明らかに言っていないことを言っていたと主張しました。私を含めた教会のメンバーが、その若いメンバーが言ったことを聞いていたのです。Rodは明らかに、証人がいることなど考えていませんでした。Ryutaもその証人の一人でしたが、Rodが嘘をついていると知っているにもかかわらず「私はRodの味方だ」とコメントしただけでした。Rodは言ったことを急いで取り繕おうとして更に嘘をつき始めましたが、そこにいた人々はその嘘も簡単に見抜くことができました。そしてRodは明らかに動揺して喧嘩腰の横柄な態度で、「どうでもいい!真実なんてどうでもいい!私はこの教会の牧師だ!ここは”私の”教会だから何を言おうと私の勝手だ!」と口をすべらせてしまいました。

私がこの事の証人であるため、この出来事のすぐ後、この「教会のオーナー」は誰にも聞こえないように「私はあなたに二度とここに戻ってきてほしくない」と、私がもはや歓迎されていないことをぼやけた言い方で言いました。そして直後に、もしも戻ってきたなら私についての嘘を広めてやると脅してきました。そして彼は言いました。「見ろ、君じゃない・・・。君とはなんの関係もないことだったんだ。ただ、私が君にもう私の教会にいてほしくないだけだ。」

「牧師」がこんなことを言えるなんて、また、本当に言ってしまうだなんて信じがたいことだと思いますが、私が彼の言ったことを正確に引用していることを強調しなければなりません。その後、幾人かの人々がそこで同じような経験をしたと聞き、これがこの男が物事を支配するためのやり方なのだと分かりました。

Michaelさんと同じく、私も、若者たちがリーダーたちの(自己)義認された権威を認めないような素振りを見せれば、残酷なほどの防御的な態度がとられることで、彼らの信仰が深刻な被害を受けていることを目撃しました。JLHが自分ではっきりと示している唯一のビジョンは「若者を自分たちの教会に獲得する」ということです。神と隣人を真実に愛すること、キリストの教えに従うこと、あらゆる人と福音のメッセージをわかちあうことは、彼らのビジョンに含まれません。ジーザスライフハウスは間違いなくカルトです。このカルトの原動力は、若者たちに彼らがこの教会の発展のために熱心に自分たちを捧げれば、成功とステータスを得ることができると信じこませることです。

掲載元: http://www.fujishimaitsuo.de/2011/02/24/in-case-of-doubt-go-for-the-doubt-light-and-fog-at-the-jesus-lifehouse/comment-page-1/#comment-473
タイトル引用元: https://jlhcg.wordpress.com/2014/02/06/jesus-lifehouse-indeed-cult/


追記:
Ryutaという人物は木村牧師のことだと思われますが、現在別の教会にて穏健な教理を教えておられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中