ジーザスライフハウスのようなカルトに警戒してください – Michael Smith

私は東京のとても尊敬されている大学で歴史学の専門家として働いています。私の専門は新約聖書と初期キリスト教徒の文書、そして初期キリスト教会についてです。私は一年以上に渡ってジーザスライフハウス(JLH)に参加していました。その活動にとても深く関与していました。JLHの多くのリーダーと何度かのミーティングを持ち、その目的、また、そのキリスト教の実践について知った結果、私はジーザスライフハウスがカルトであることを疑っていません。私はなんのためらいもなく教会を後にしました。教会を去ってくれと頼まれたのではなく、私自身の決断でした。JLHにいる人々は素晴らしく、彼らの多くがキリスト教徒であることは疑いません。しかし、その教えや方向性は、聖書から、そしてどのような伝統的なプロテスタントの解釈からもかけ離れています。JLHへの関わりが増すにつれて私の疑問は増していき、JLHがカルトのようであることにますます気づいていきました。

JLHのリーダーは、他の教会がすでに形成されている場所で彼独自のムーブメントを起こす野心を持っています。また、彼は、彼の聖書とキリストの教えについての個人的な信条をまとめた数冊の本を書いており、これが教会の教えの基礎となっています(そのいくつかの信条は聖書的ではありません)。そして、ジーザスライフハウスのメンバーを他の教会やキリスト教コミュニティから孤立させるために膨大な量のルールがあります。これほど他の教会との共同性に欠けた教会に参加したことはありません。

そしてあなた(訳注:このコメントがつけられた記事の作者)のように、この教会が失われた人々に手を差し伸べようとしていないこと、また、クリスチャンではない人々がイエス・キリストが誰であったのかを知る手助けをしようとしないことにすぐに気が付きました。そうです、全くしていません!教会は、若く多感な人々の居場所として、そのように(訳注:ライブ会場のように)設定されています。ジーザスライフハウスは親から独立したばかりの若い層をターゲットとして狙っており、その結果はとても悲しいものです。教会の人々には驚くほど賢明さが欠けています。私が敵意を持っていると思わないでください。私は教会のリーダーや牧師たちに好意を持っています。しかし、大卒の人、あるいは30歳以上の人があまりに少なく、ジーザスライフハウスの人々の人生が深みのようなものを得ることができないことは明らかです。

私は多くのライフグループリーダーと話しました。彼らのほとんどは20代で、その多くはイエスの生涯とその教えについて全くなにも分かっていませんでした。聖書は美しく、洞察に満ちた本です。しかし、同時に歴史家にとってすらとても難解な本でもあります。そして、ジーザスライフハウスの多くのリーダーたちは、単純なまでに聖書を理解していませんでした。教会の人々が私が歴史家でありその専攻が何であるかを知った時、彼らの多くが「大人のための聖書勉強会」を開くように依頼してくれました。普段教会に行っていないけれど、聖書勉強会があればぜひ参加したいと言ったノンクリスチャンの方も何人かいました。ほとんどのリーダーたちはそれは素晴らしいアイデアだと思っていたので、私は牧師に申し出ました。しかし牧師はジーザスライフハウスの人々が自分の説教と教えからしかイエス・キリストについて学んでほしくないと言って、その申し出をきっぱりと断ったのです!この衝撃は私の目を覚まし、ジーザスライフハウスの正体を見極めさせるのには十分でした。ジーザスライフハウスの正体は21世紀のキリスト教カルトです。

思い返せば、私は気づいていたはずなのです。この教会で命が滅ぼされていることを私はこの目で確認しました。異なる信仰を持つクリスチャンたちは、あなた達は歓迎されていないと告げられ、戻ってきたなら警察を呼ぶと言われます。人々が、リーダーを疑問視してはいけない、疑わずに彼らの命令に従いなさい、と言うのを目にしました。そして、牧師がお台場の近くに立派な家を買い、その二人の息子をアメリカ人向けのプライベートスクールに通わせ、彼の妻はなんの収入も稼がず、そして彼が教会の収支報告をすることを拒否していることを見れば、ジーザスライフハウスがそのような教会であることは明らかなのです。牧師は度々、彼のビジョンが日本の若者を救って彼の教会のメンバーにすることだと宣言します。そのビジョンは福音を差別なく広めることではありません。そのビジョンはイエスの教えに従うことではありません。そのビジョンは神を愛し神に従うことではありません。そうではなく、若者を獲得することなのです。牧師が繰り返しジーザスライフハウスがどれだけ日本人の若者を必要としているのか語ることを見るのは滑稽なことです。いつも「日本人の若者!」なのです。しかし今、カルトは拡大し、彼はそのビジョンを中国人の若者やインドネシア人の若者を含めることにしなければならないようです。彼がそのビジョンを修正して、働く人々や家族を持つ人々にまで広げる日が来るかどうかわかりません。しかしたとえその日が来ても、老人たちは忘れられたままなのです!

(2016-6-18追記: 牧師の息子が通う学校には教職者の子弟向け割引があり、お台場の家を買うために相応の負担をしているそうですから、彼を信徒たちのお金を奪っていると一概には責められないのかもしれません。しかし牧師がひどく華美に暮らすこと自体が一般的なキリスト教会では考えにくいことですし、このことによって彼の教会運営が正当化できるわけではありません。)

私は教会のセキュリティチームで奉仕していました(日本はセキュリティチームが必要なほど危険な場所ですからね)。そして、牧師がセキュリティチームに要求する仕事はとても多くのことを語っています。もしも大人(大体30歳以上)、特に男性がいれば、セキュリティチームはその人を見張っていないといけません。そして、もしその人が礼拝の後に牧師と話したい場合、セキュリティチームのメンバーはその訪問者に張り付いている必要があります。そして、次のことを挙げれば十分でしょう。牧師は教会内に常に5人以上のセキュリティを置き、彼を見守り、彼とその家族を守ることを望んでいます(他の人たちのことは考えていません)。彼は、すべての礼拝の間中、彼の直後に少なくとも一人のセキュリティを座らせていました。同じ時間、別のビルには全く鍵がかけらず、街路に向けて開きっぱなしになっていました。その建物の中にセキュリティチームはおろか男性は一人もいません。そして、その建物はキッズチャーチでした。子どもたちと子どもたちを見守るために数名の若い女性がいるだけです。誰でも簡単にそのビルに入って子どもたちを襲うことができます。そしてそんな悲劇が起こっても、メインのビルにいるセキュリティたちにはなにも気づくことはありません。

私の勧めは、このような教会を警戒してくださいということです。カルトが何であるか、有害なカルトがどのようなものであるかを学んでください。そして、教会がカルトであるかどうかテストしてみて下さい。ジーザスライフハウスのカルトテストの結果は真っ黒です。

掲載元: In case of doubt, go for the doubt – Light and fog at the Jesus Lifehouseのコメント
※ 読みやすさのために適宜改行を入れています。
タイトル引用元: Michael Smith: Watch out for “cult” like Jesus Lifehouse

広告

ジーザスライフハウスのようなカルトに警戒してください – Michael Smith への40件のフィードバック

  1. Lifehouse より:

    ジーザスライフハウスの牧師とその嫁の暮らしぶりを見てみろ!
    献金で旅行に行き、高級マンション暮らし!ぼったくり教会!

    いいね

  2. JP より:

    こんないい加減なことを書かないで下さい。
    根も葉もないことをかいて、なんの恨みがあるんですか?
    この記事を削除して下さい。
    誤解されてしまいます
    ちなみに牧師は旅行ではなく海外の牧師との交流をしているかもしれないでしょう?彼と話しましたか?
    家族をつれて楽しむことは悪いことではありません

    いいね

    • lhconcernjp より:

      コメントをありがとうございます。
      証言の事実性を確かめることはできませんが、ライフハウス教会の現状を踏まえて掲載していることをご理解くださればと思います。
      ライフハウス教会の教派を代表し、この教会と関係のあるヒルソングについても、その運営や資金について問題視されています。
      (一部不適切な表現があったように思われたため、コメントを削除・修正しました)

      いいね

    • lhconcernjp より:

      1. 牧師の給与・待遇面が明らかにされていない現状は疑いをかけられても仕方がない状態です。
      2. https://lhconcernjp.wordpress.com/証言/ジーザスライフハウスは間違いなくカルトです-ben-ells/ こちらの証言を読めば、とてもではありませんが牧師の言い分を信用することはできません。どんな理由であれ後から取り繕うことは可能です。

      これほど多くの証言やコメントが出ている中で、その内容が誤解を招くとの主張は、少なくとも教会の会計、運営状況が公にされなければ説得力に欠けると思います。

      いいね

      • タオ より:

        通ってたけど非正規なのにも関わらずトップの人達が家建てて海外旅行行ってるのずっと不思議に思ってた…

        メンバーとある程度の交流があると、断っても説得されて抜け出せなくなる場所って感じで怖い。

        チャーチにいる人は皆優しいし仲良く色々な事教えてくれるしカルトじゃないって思ってた。新しくきた子も同じような手口でここにハマっていったって事を知るまでは…ラブシャワーも今となっては気持ち悪い

        いいね

      • lhconcernjp より:

        コメントをありがとうございます。これが普通の感覚だと思います。

        いいね

    • 所沢 より:

      ■■やなお前騙されて■■

      (※ 過激な表現を伏字といたしました。ご理解頂けますと幸いです。)

      いいね

  3. タオ より:

    返信ありがとうございます。打ち明けようにも誰にも言えず…勿論チャーチ内でも疑問をぶつけこの悩みを相談する事ができなかったので少し楽になりました…

    本格的におかしいのではと思い始めたのはキングダムビルダーズというイベントに誘われてからです。
    社会人で成功している人の話を聞く行事との事でしたが参加費や献金が…;定期的に他にもイベントと銘打った会があり参加しないと勿体無い!!絶対損はないといった事を言われ続け、段々エスカレートしてきてるな…と思いました。
    また、ライフの参加やジャーナルも最初の頃は何も言われなかったのですが、日が経つと毎日やれと言われできなかった時には一日のタイムスケジュールを分単位で聞かれて…正直参ってしまいました。

    記事や被害にあった方の仰る通り、離れると本当に一切の連絡が切れてしまって気持ちいいくらいです笑
    散々本当の家族だ、他の人に言えない事も何でも話して、今までの友達とは違う本当の親友って言ってきてたのに…
    今では少し精神を病んでしまって、孤独な気持ちと戦っている日々です。
    いつの間にか彼ら中心の生活になっていて、誰かと会わない状態が多く、寂しさを感じるけど不安に負けずに…絶対もう元には戻らないし騙されないぞ!

    いいね

    • lhconcernjp より:

      タオさん、貴重な体験談をコメントしていただきありがとうございます。
      現在おつらい状況にあると思いますが、必ず回復できると思います。
      私や友人も離れてからしばらくトラウマのようになりましたが、現在は回復しています。
      (未だ彼らのような人々が存在しているということが信じられない気持ちにはなりますが)
      生活の復旧にも時間はかかるかもしれませんが、必ず、彼らのことを忘れて元のように過ごすことができるようになります。応援しています。

      いいね

    • Mj より:

      わたしはクリスチャンで教会に通い、聖書勉強も担任牧師と毎週しています。この教会の証や礼拝の様子をYouTubeで見ました。最初はすごい証だな、若者たくさん救われてていいな!神様が働いてくださってるんだ!って思ったんですが、証のなかで聖書箇所をシェアしている動画で、その聖書のみことばが証と関係ないというか、間違った解釈してるところがあることに気がつきました。そして、いくつも見ていくうちに、みことばは自分の好き勝手に解釈し、説得力ある話にするためにみことばを利用してる感じに見えました。
      そしてイエス様に対する敬意があまり感じられない感じを受けました。確かにイエス様は友達でもあるけど、でも神様であり、主であるから、え、そんな態度でいいの?って感じでびっくりしました。(国民性かな)
      聖書の全体の教えからは少し方向が違うと思いました。
      せっかくイエス様信じているのなら正しく学んでほしいですね、、、
      イエスの名を呼ぶものが全員天国に行けるわけではないと書いてありますし、、、
      この教会が実が実る教会になることを祈ります。
      そして心が傷ついた方へ神様の哀れみと慰めがあるように祈ります。

      いいね

  4. lhconcernjp より:

    こちらのコメントでライフハウス教会(や類似の教会)が若者を取り込む戦略についてうまく説明されていると思うので、翻訳して紹介します。

    http://www.fujishimaitsuo.de/2011/02/24/in-case-of-doubt-go-for-the-doubt-light-and-fog-at-the-jesus-lifehouse/comment-page-3/#comment-5016

    以下、54321さんのコメント

    ライフハウスのような教会が人々の心理を操作するための実践的な方法がいくつもあります。

    私はこのような操作方法を用いていた人々の一人だったので、それがどのようなものだったか知っています。私は悔い改めました。(私はまた、虐待を受け、傷つけられた人々の一人でした)

    私が人々に対して行なっていたぞっとするようなことに気づいた後、私自身が人々を虐待してしまった後でも、神は寛大でした。彼は私を罰しませんでした。
    そうではなく、彼は私が良い人間になることを助けてくれました。

    私は神と、私自身が傷つけてしまった全ての人に謝罪しました。
    今は、このようなカルト的教会から傷つけられた人々を助けたいと思います。

    ここでいくつかの知見を共有したいと思います。
    これらの戦略が取られていることに気づいたなら、彼らの操作から逃れるために何かをした方が良いです。

    ゆっくりと、気づかれないように行われる操作:

    1. 信頼を築く –
    愛のシャワーをあなたに浴びせ、あなたが必要とされており、安全で、彼らを信頼することができると感じさせる。
    ある時は多くの人々があなたと友達になろうとします。
    このような突然の友人関係は偽物のように感じられるかもしれません。
    彼らは多くの個人的な質問をし、あなたの心を詮索し、あなたの人生の中により早く入り込めないか確認します。

    2. 幻想を与える –
    神があなたの人生に奇跡を行なっているという幻想を植えつけます。
    これは故意的に行われるものです。
    (神は人がどう言おうとあなたの人生に奇跡的に働かれます)

    どのような小さな必要でも神に祈り求めることを求めます。
    祈りにおいて、自分で決定をする余地を与えません。
    どれほど小さなことでも良いことが起こったら、彼らはそれを神が祈りに応えてくれたからだ、と何度も何度もアナウンスします。

    祈り、全てを神の御前に明らかにするというのは素晴らしいことです。
    しかし、神があなたの祈りに応えられたという宣伝によって攻め立てられるようならその限りではありません。

    一般的に、本当にそのことに駆り立てられていれば、人はその証(あかし)を自然に話すことができます。

    3. 報酬を与える –
    彼らに従うと、凄まじいほどの報酬が与えられます(プライベートでも公でも)。

    (与えられる報酬というのは次のようなものです:
    教会のステージに登るチャンス、高位リーダー達からの賛辞、高い地位、多くの決定権、教会の人々があなたに着いてくるようになる、等など
    彼らは若者達が欲しくてたまらないものを与えます: 人々からの人気、高い地位、そして支配力)

    4. 恐れを植え付ける –
    ある人が教会について真に懸念を持てば、リーダー達は噂を広め、その人を教会から追い出します。

    他の人々はリーダー達に口答えしません。なぜなら、彼らに協力的である限り安全だと言われるからです。
    (これはとてもコソコソとしたやり方で行われます。人々はそんなことが起こっているとは分かりません。しかし、その影響が後になってわかることがあります。)

    5. あなたの時間を奪う –
    楽しいミニストリーでの役目、楽しいチャーチイベント、楽しい礼拝参加があるために、何か奇妙なことが起こっていると考えることができなくなります。

    楽しい催しは悪いものではありませんが、ここでも、その多くに参加するように言われるなら、それは危険のしるしです。

    (自発的に教会の催しに参加したいと思うなら、それはあなた自身の選択なので良いことです。良い神に仕え、それを楽しむことは何も悪いことではありません)
    (訳注:ただし、ライフハウスのような教会では、「自発的に行なっているように思わせる」マインド・コントロール的なメッセージが語られるので注意が必要だと思います)

    彼らはまた、あなたの心を
    6. 「どのような状況でもポジティブでいる」というメッセージで満たします –
    ポジティブな人々というのは多くの人を惹きつけるので、リーダー達はあなたがポジティブでいるようにと励まし、新しい人々がグループが素晴らしいものだと幻想を抱くように仕向けます。
    リーダー達はあなたが弟子を作り、高い地位に登れると約束します。

    ポジティブでいられるというのは素晴らしいことですが、病的な拡大のために使われるならそれは悪いものになります。

    (追記: 彼らはポジティブであることを「喜び」と表現します。
    あなたが「喜んで」いないように見えれば、リーダー達から、あなたが教会に悪い影響を与えていると告げられます。

    極端な場合、愛する人が亡くなった場合でも悼んだり、悲しんではならないと言います。これはカルト的教会の大きな兆候です。)

    このような堕落したシステムについての考察がいくつかあります(あなたが賛成してもしなくても構わないのですが):

    ・ 彼らはこのような操作的戦略を多くの人々を教会に引き寄せるために用います。
    人数というのは彼らが寄付金を多く集めて有名になるために役立つものです。

    彼らが街中(国中かもしれません!)に知られるようなブランドを築き上げたなら、彼らはその地域のクリスチャンの改宗を全てコントロールするようになると感じるでしょう。

    そして、彼らは侵略的になり、地域の教会と秘密裏に競うようになります。

    (これは、堕落した教会というのがそのメンバー達に他の教会に行かせないようにする理由です。数のためだけでなく、独占のためにも競うのです。)

    ・ 表面上、彼らはこれを福音伝道のためであると言います。
    「この凄まじい情熱のすべては、イエスがこの街/国を愛しているからだ!」

    しかし、彼らが本当に言っているのはこういうことです、
    「多くの改宗者=多くの寄付金=大きな力!」

    ・ 彼らは多くの若者をターゲットにします。
    若者というのは年をとった人よりも「イエスマン」になりやすいです。
    若者は改宗しやすく、訓練しやすく、保持しやすい。
    これらの若者達は彼らの両親が汗水垂らして稼いだお金から寄付金を支払うことができます。

    年をとり、彼ら自身の子供がおらず、良い職にも恵まれていないなら-リーダー達は彼らが居づらくなるように仕向けます。

    彼らは「弱く」恵まれない人々と関わろうとしません。
    リーダーシップが望むような成果を生まない人々と関わることは、リーダー達を感情的にダウンさせるのです。

    (しかしながらもちろん、高給取りの年取った人々は、十分な人数がいれば、教会の中で大きなグループを作ります。)

    ・ あなたのSNSがリーダーシップに監視されていて、彼らがそれをあなたを操作するために用いてくるなら、彼らがすでにカルトであると言うのに十分です。

    いくつかのケースでは、あなたの情報がリーダーシップのために「マネタイズ」されて、あなたを社会的に支配するために使われます。

    彼らがあなたの個人情報を奪って、彼らの病的な利益のために、教会内でプライベート/公に広めるなら、プライバシー設定を変更して教会を離れるべきです。

    ひどい場合は警察に通報しましょう。

    ・ ほとんどのリーダー達は、洗脳によってこれらのことをするように仕向けられていることに気づいていません(過去の私のように)
    彼らはそれがただ一つの正しい道であると信じ込むことによって、その経験から多くの利益を得ています。
    彼らは自分たち自身のシステムによって傷つけられなければ目を覚ましません。

    リーダー達の何名かは汚名を着せられることを恐れて、上位リーダー達に物申すことを恐れています。
    彼らは、ひどいことを行なったことで、人生の何年間かを無駄にしてしまったと認めることを恐れています。

    そして、むごたらしいサイクルは回り続けるのです。

    本当に嘆かわしいことです。
    彼らは、これらのことを神のために行なっているがために、本当に罪の意識に苛まれるでしょう。
    多くの人たちは初めは悪人ではありませんでした。

    しかし、良い知らせはイエス・キリストがこのような人々を安全に脱出させてくださるということです。

    彼らが心理操作のために使う教義:

    「あなたはありのままで神に愛されている。しかし、次のことをしなければならない・・・」

    「リーダーに従わないことは、神に従わないのと同じだ(あるいは「ネガティブな影響を及ぼしている」)」

    「教会を離れるなら、神やすべての友人と離れることになる」

    「神に従うなら、成功させてくださる」

    「神に従うなら、多くの友人ができる」

    「神に従う限りにおいて、素晴らしいリーダーになれる」

    「___を行わないなら、他の人たちが私たちの教会について悪い印象を持つだろう。あなたは神とその教会の良い印象を保ち続けなければならない」

    これらのバリエーションにも注意。
    ここに挙げなかった本当に多くの教義が他にもあります。

    最後に:
    私はライフハウス教会にいました。若者達は心理操作を受けていて、悲しいことにそれに気づけていません。
    彼らは、自分たちの身の回りで奇妙なことが起こっているにも関わらず、高い高い場所から人々に自分たちがカルトではないと説得しようとします。

    これらは事実です。
    私の見るところでは、これらの教会から虐待を受けた人々の証言は真実です。

    いいね

  5. 匿名 より:

    僕は去年までいましたが、やはりおかしいと思ったのはキングダムビルダーです。
    一度フェイスブックで参加押してしまうと、参加しなくても献金しなければならない。。また金額は5000円からと正直オークションみたいだなと思いました。また、機材も充分立派なはずなのですが、音響機材アップデートと、それも数カ月前にやったものをまた行っている。
    また一時期新しいライフハウス東京の場所を探すためのキングダムビルダーもありましたが、物件検索費用のためとなっており、物件検索にお金がかかるのか?と驚きました。
    また、牧師のメッセージも、 最高の結婚、リーダーシップ、チャレンジ、上の者に従うなど、イエスのために我々が何が返せるか、というよりチーム団結関連、目標達成などの アバウトなものが多いと感じました。
    こちらのブログでもありますように、チャーチを離れたとたん、フェイスブックのイイねなどはほとんどなくなりました。スパンという感じです。
    私もチャーチを離れてからは色々精神的にもかなり病んでいました。せっかく通いつめて神様やイエス様への情熱も高まっていたのに、どうして友人関係も水の泡のようになくなってしまったのかと。
    また恋愛関係も、レッドブックというアプリがあり、同じ環境、ドリームチームに入りましょうや、ティータイムに誘いましょうなどの、なぜそこまで管理されるのか、という気がしました。

    六本木の会場が今年から使えなくなるという話もあるようですが、このままだと今までの1/10献金でも足りないなどの話が出ているようです。

    いいね

    • lhconcernjp より:

      コメントをありがとうございます。貴重な体験談に感謝です。
      キングダムビルダーズは以前は参加時のみの費用の支払いだったと思いますが、献金の取り立て機会を増やしているのでしょうか。
      Facebookで参加を押しただけで集金されるというのはあまりにひどい話なので、被害にあった方がいれば消費者生活センターなどに相談したほうがいいと思います。
      http://www.caa.go.jp/globalnavi/damage_a.html

      精神的にも完全に癒されますように。

      いいね: 2人

    • Mj より:

      普通の教会に通うクリスチャンです。

      お金がないとクリスチャン生活できないって
      ありえないですね、、、

      うちの教会は献金強制じゃありませんし
      毎月会計報告があります。

      牧師にいくらいってるか
      なにに使われたかなど明確ですよ。

      ってゆうかそもそも
      貧しい人や弱い人によくしなさいっていうのが
      聖書の教えなのに、、
      お金がないと参加できないって変ですね。
      誰でも来れるようにしなきゃダメですよね、、

      せっかくイエス様を信じたなら
      ぜひ普通のプロテスタントの教会に行ってください!!

      もっとよく聖書学んで
      もっとたくさん神様と交わって
      本当の意味での最高な人生になると思います!!

      いいね

  6. EMU より:

    ライフグループと言うのがあり、それの参加を断ると教会のリーダーに「なぜ教会に着てるの?」と言われました。馬鹿げてます。教会は誰のためにも開かれてると聖書に書かれており、疲れたものは私の元へ来なさい、癒しを与えよう。とイエス様はおっしゃいました。ライフハウスは間違いなくカルトです!!!

    いいね

  7. EMU より:

    また、東京のライフハウスはとても怪しげです。ガードマンがいます。メンバーの動きは間違いなく監視されています。教会内での撮影、写真は禁止。フェイスブックですぐにメンバーが繋がり合うんですが、皆、本当に大人らしくないです。お気に入りのメンバーだけ、コメント残したり、良いね!残したりします。ライフハウスを少しでも離れると、追って来ません、それは良いけど、アフターケアもないです。もちろん、離れると、まるで集団でフェイスブック上で無視して来ます。
    メンバー同士仲良くフェイスブックでも教会でもイチャイチャ、コーヒーデート、結婚、などして、カルト臭がプンプンですよ。こんな危険な教会は「クリスチャン」と反しています。私はプロテスタントとカトリックの教会に通っていますが、ライフハウスの教えは異端です。ウソだと思うなら、ライフハウスに行ってくださいよ?その目で確かめてくださいね。いかに異端かを。

    いいね

    • lhconcernjp より:

      「世から逃れたと思ったら、さらに強烈な世があった」。これはあるエホバの証人脱会者の方がブログに書かれていた文章ですが、これを読んだとき、まさにライフハウスをいいあらわしていると思いました。
      正統的な教義こそ表立って否定しないものの、彼らの実態は異端と変わりがないと思います。コメントをありがとうございます。

      いいね

  8. 匿名 より:

    去年までライフハウス東京にいたものですが、ライフグループリーダーをしていたN.Sが、ジャーナルして何か感じるか、と言われて感じたことを素直に言ったのに、いやちがう、本当に神様を信じていたらこう言う風に言うはずだ、とそれは人それぞれの言い方だろとどうしても思ってしまうようなことがありました。
    結局 たまにライフグループを休むようなことがあっため、N.Sが、”いや、一回ライフグループ抜けたほうがいいかも” と、散々神様の意思を優先しろと言ってきたくせに自分の意見でやってるのが馬鹿馬鹿しく思えました。
    結局その後抜けたのですが、次の日N.Sと仲の良い同じライフグループのものが昨日の話で何思ったか教えて欲しいときました。
    なんだか裏で連携で監視してあるように感じました。

    いいね

    • lhconcernjp より:

      コメントありがとうございます。

      > 裏で連携で監視してあるように感じました

      これは彼らに被害を受けたと感じる多くの人が思っていることです。私自身も自分の状況が自分のリーダーによってさらに上のリーダーに「相談」されていたように感じています。どうも彼らには「宗教者による守秘義務違反」に違反しているという感覚がないようです。もっともリーダーは厳密には宗教で生計を立てているわけではではないので「宗教者」と言えるかどうかは微妙ですが、他者を宗教的に指導しているわけですから実態としては「宗教者」というのがふさわしいのではないでしょうか。
      彼らの強圧的なリーダーシップはクリスチャンの模範どころか反面教師ですね。

      いいね

  9. 匿名 より:

    以前教会に所属していた者です。教会は聖霊の存在もあまり詳しく知らない方も多いです。
    高度な御言葉の、聖書の意味を、理解しきっていない印象を感じていました。
    ある意味とても過激な方法で福音を伝えている教会だなと感じていました。
    しかし教会のメンバーはとてもいい方ばかりで大好きでした。
    ある時、家庭の事象で教会を移ろうか迷っているとライフリーダーに告げたあと、ライフグループのラインから、ライフグループのメンバーの成長の妨げになるという理由で、ライフグループのラインから外されてしまいました。
    私はまだどっちの教会にするか判断を下していませんでしたし、残る気もフィフティフィフティだったのにです。
    まるで会社のようです。
    しかしとても皆さん優しくて純粋で方ばかりです。
    私は教会が嫌いで離れたわけではありません。
    嫌いになるのが怖くて離れました。
    それは愛の教えに反するでしょうか?
    そして教会の教えは神様の意志なのでしょうか?
    この教会を否定しているわけではありません。
    このホームページの方への質問です。
    ちなみに、そのあとほかの教会に通っています。

    いいね

    • lhconcernjp より:

      彼らが優しくて純粋な人たちではないかと思われる気持ちはよく分かります。彼らの多くが純粋な方々であることはそうかもしれません。しかし考えてもみてください。本当に「優しい」人がグループから一方的に人を排除できるものでしょうか?
      成長の妨げと言われたということですが、一体コメント者様がどのような「成長」を妨げているというのでしょうか。本来キリスト教徒の成長というのはイエス・キリストに倣い、真実を語り、互いにに仕えあい、時には自分の命すら犠牲を覚悟するということであるはずです。そうであれば、教会を変えるにしても少なくとも親身になって相談に乗ってくれるというのがほんとうではないでしょうか?
      ところがおかしなことに、信徒の成長に力を入れているはずのライフハウス教会のリーダーたちのほとんどはこのような様子とは程遠いのです。
      私はこのようなサイトを運営しているので彼らの手法をある程度理解しているつもりですが、これは一方的に感情を操作して組織に従う人格を作り上げるマインド・コントロールによく似ています。アメとムチを使い分けて彼らに従っている限り愛と幸福が約束されると思い込ませるのです。

      > それは愛の教えに反するでしょうか?
      > そして教会の教えは神様の意志なのでしょうか?

      全くご心配には及びません。愛の教え=イエス・キリストの教えということでしたら、偽の教会からは離れなければなりません(聖書的分離 https://www.gotquestions.org/japanese/Japanese-biblical-separation.html )。
      教会の教え=神様の意志ではありません。特にプロテスタントでは万人祭司ですから、あくまで民主的に教理の採択が行われるのが普通です(だからこそ様々な教派に分かれています)。ところが、ライフハウスでは牧師やリーダーが「聖書はこう言っている!」と決めたら反論を許しません(反論させないために深い学びを許さないのではないでしょうか)。そして異端的な考えが蔓延することになります。これは本来のプロテスタントの姿からはかけ離れています。

      いいね

  10. u より:

    去年までこの教会に通ってました。初めて教会に誘われて行き、みんなとても親切にしてくれて最初のころは楽しかったんですけど、だんだん違和感を感じて居心地が悪くなっていきました。
    ライフグループに参加するようになりグループのリーダーと頻繁に時間を過ごすようになりました。会話の内容は日曜以外の日はどこで何をしていたのか、誰と一緒だったのかをメインには話していました。驚いたのがさらに上のリーダーや牧師がその内容を知っていたことです。まるで自分が警戒人物かのように教会全員からマークされているのではないかと思ったりしました。
    また奉仕のチームにも毎週参加していたんですけど、何か違和感があって、神様のために奉仕をしているってよりは働かされているように感じていました。メッセージで自分に与えられた能力にあった奉仕をしろと言って、牧師をやるのも、裏方の奉仕をするのも上下はないと言ってました。なのになんで牧師だけが給料もらえてるんだよって疑問でした。自分のリーダーに聞いてみたら、「うちはライフハウス教会じゃなくて正確には株式会社ライフハウス」とか言ってました。
    これは本当なんでしょうか?本当だったらただの偽教会で多くの人をだまして多くの若者を奴隷として働かせていることになりませんか?今まで神様のために奉仕してきた自分が馬鹿にらしく感じています。もしかして人を増やすことに全力なのは本当は利益を大きくするためなのでしょうか?
    二度とここに戻りたくありません。

    いいね: 1人

    • lhconcernjp より:

      ライフハウス教会の運営は宗教法人ではなく、おそらくですがホープチャーチと同様にロド・プラマー氏の個人事業として運営されていると思います。

      http://maranatha.exblog.jp/20377875/

      そのリーダーの話は「株式会社」には当たらないにしろ本質をついており、彼らの実態としては宗教的高徳を積むという誘導で若者たちから無償ボランティアとして労働力を搾り取り、音楽興行への人集めによって参加者や海外教会からの献金を集める宗教ビジネスというのが相応しいのではないでしょうか。

      彼らの中では「人を増やす=伝道の成果をあげる」と単純につながっているようなのですが、彼らの「繁栄の福音」や「ワード・オブ・フェイス」は異端であるという声も多く、これが本当にキリスト教伝道と言えるのかどうか分かりません(私は彼らは異端であると考えています)。

      いいね

  11. annoymous より:

    まるで出世の場みたいな奉仕チームですね。ドリームチームってなんですか?教会の中心の方へ行くことが、ここの教会の牧師たちに気に入られることが夢ですか?

    キリストに仕えることが目的でしょう???

    ここは株式会社ではありません。しかし実態は会社とまるで変わりません。

    彼らの訳ではマタイ 25:29についてこんな風になってますし。

    (ALIVE訳)
    誰であれ、成果をあげる者は、さらに与えられるが、持てあます者は、持っているものさえ取り上げられる”

    新改訳
    25
    私はこわくなり、出て行って、あなたの一タラントを地の中に隠しておきました。さあどうぞ、これがあなたの物です。』
    26
    ところが、主人は彼に答えて言った。『悪いなまけ者のしもべだ。私が蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めることを知っていたというのか。
    27
    だったら、おまえはその私の金を、銀行に預けておくべきだった。そうすれば私は帰って来たときに、利息がついて返してもらえたのだ。
    28
    だから、そのタラントを彼から取り上げて、それを十タラント持っている者にやりなさい。』
    29
    だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられるのです。

    http://tokyo.mylifehouse.com/ドリームチームに入ろう/

    いいね

    • lhconcernjp より:

      コメントありがとうございます。私も現在のこの教会の状況はおっしゃる通りの有様だと思います。
      ALIVE訳はマルコの福音書以外も問題は多そうですね。上げていただいた箇所だけでも、
      持っているもの → 成果をあげるもの
      持たないもの → 持てあますもの
      と、新改訳との解釈の違い(改ざん?)が見られますね。
      これはもはや聖書というよりもライフハウス教会独自の経典と言った方が良いのではないかと思います。

      いいね

  12. 匿名 より:

    こういった被害はテレビやマスコミは取り上げないのですか?ここで言って解決までいかないでしょう。こういった被害が解決される世の中になって欲しいものです。

    いいね

    • lhconcernjp より:

      この問題がどうなったら解決と言えるのかよくわからないんですね。
      ライフハウスが潰れてしまえばいいかというとそうでもない気もしています。聖神中央教会なども大きな事件になっても未だ存続していますし・・・。
      信仰としては何を信じる自由もあるのですが、他人を虐待したり社会的な問題を起こすことははっきりと間違いであると言い続けなければならないと思います。そうしてライフハウスが社会性を獲得して緩やかに存続するのが落とし所でしょうか・・・。
      内部で疑問を感じている人が、ここを見て問題に気づいてくれればこのサイトの役割としては果たせたと思っています。
      本来であればライフハウスを好意的に紹介していた「キリスト教メディア(クリスチャントゥデイ、CGNTV、リバイバル新聞等)」が責任を感じて被害者の声を公にすべきだと思いますが、現状それは望めそうにありません。
      被害が続くようであれば被害者の会などを結成して、社会に訴えていくことも必要だと思っています。

      いいね

      • 匿名 より:

        被害者の会作りましょう、またこのウェブサイトも皆さんが見つけやすいようツイッターやインスタグラムもあるべきかと存じます。

        いいね: 2人

  13. くらら より:

    皆さんがどうやってライフハウスを離れた人、疑問に思っている人と連絡をとれたのかが気になります…
    以前に奉仕活動に現れなくなり、同じ考えかな?と思った子に声を掛けたことがあるのですが、結局戻っていったので自分の勘違いだったようです…

    また、どういったタイプの人がのめり込みやすく、どのような人が違和感に気付き目を覚ますことができると思いますか?(繊細や図太い、家庭環境、辛い過去の有無、友達の多さ、容姿など関係なくドハマリしている人が多く見受けられました…女性陣の社会的ステータスとしては非正規社員が圧倒的に多く感じた位です)

    いいね

  14. Maya より:

    書いてあることに嘘が多すぎてびっくりしました。
    あなたはクリスチャンですか?
    ちゃんとしたクリスチャンでしたら、他人のことをこんな風に罵ったり、傷つけたりするようなことはそもそも書かないと思います。

    いいね

    • lhconcernjp より:

      こちらの証言の事実性を確かめることはできませんが、ライフハウスチャーチの実態を鑑みてこのような記事を書いていることをご理解いただけますと幸いです。
      ところで「嘘が多すぎる」ということは、ご存知の事実と明確に異なっていることが多数書かれているということでしょうから、具体的にそれがなんなのかご教授いただけないでしょうか?私も嘘の情報によってライフハウスチャーチや牧師達の名誉を傷つけたいなどとはつゆほども思っておりませんので。コメント欄で差し支えがあるようでしたらメールにてお願いします( lhconcernjp@gmail.com )。
      私についていえばクリスチャンのつもりです。

      いいね

    • ソウタN より:

      それは綺麗なことばかりを聞かされて真実は教えられないからではないでしょうか?どこらへんが嘘ですか?

      いいね

      • Annoymous より:

        そもそも、ライフハウス教会の中にいたら、牧師たちはこのサイトのことはゴミだと、教えますからね。もちろん、中にはウソの証言もあるかも、知れませんが。このサイトにコメントされた方々の証言を比較してみても、管理人様がサイト内に掲載されている、繁栄の神学、ワードオブフェイス、企業経営論的教会運営などの異端から出てくる弊害によるもので概ね筋が通り、整合性が取れていると思います。

        私がこの教会を離れる前に経験したこととも酷似している証言も多々あります。

        間違えたことを教えていて傷ついている兄弟姉妹がいたら、間違いを犯してしまっている人たちは対して管理人様のように、きちんと間違いを指摘してあげることこそ、イエスさまから純粋に出てくる本当の聖書的な愛なのではないでしょうか?

        いいね

      • lhconcernjp より:

        上のJPさんもそうなのですが、こうした根拠の脆弱な貶めこそ誹謗中傷だと思います…。
        二人ともライフハウスの人だと思いますがこういう書き込みはみなさんの評価を損なうだけだと申し上げたいですね。
        ライフハウスの評価を下げたい人が意図してやっているなら有効かもしれませんが…。

        いいね

    • ソウタN より:

      実際に牧師の発言、メッセージからして、ニュービジネス的なチャーチを舞台としたビジネスを始めてるように感じました。だから効率効率で動き、あとは追わない、空気を乱すもの、そうなりそうなものは成長の妨げとなると綺麗事の言い訳をして集団コントロール的に追い出す。実際そういった以前マークされてる人がチャーチに来て集団でその人を対応しているのをみたことがLH Tokyoで去年の夏に見ました。その後牧師のカービーが対応し、その人物は気づいたら居なくなってました。

      いいね

  15. Tasuke より:

    ライフハウスの出しているレッドブックというアプリがありますが、それみるとライフハウスの感づいてることみたいのが書かれてました。
    好きな人がいた場合その人のSNSをみると繋がりがみえるとか相手がいるだとかわかるなど、つまりFacebookをみんな友達になるのは牧師含め、そういう生活実態をみたいが為なんでしょうかね、べつに探偵雇わなくたって無料のアプリでしかも今の子はプライベートをなんなくSNSにあげますからね。なんでも見れちゃいます。

    いいね

  16. Sato より:

    以前から主任牧師のインスタグラムをみますと、1年間でヨーロッパに行ってみたりハワイに行ってみたり、アメリカ本土に家族で行ってみたり、家族で旅行するのは悪いとは言えませんが我々が無報酬ボランティアで朝からセットアップに尽くす労力がよくわかりません。たしかにボランティアは神様への賛美のための一部でしょうがどれくらい献金のお金で個人のことに使ってるのって、考えてしまいます。Heart for the houseも物件検索費とそのシーズンは、メッセージ中に数回もキャンペーンビデオをお金欲しがりのように流してましたが、結局あの話はどこ行ったのですか?? 疑問です。

    いいね

  17. 一難 より:

    何年か行きました。
    献金の機会やアピールはものすごく多いですが、
    宗教法人下にある教会と決定的に違うのは、会計報告が全くメンバーにありませんでした。
    ブラックボックス化していました。
    教会総会も選挙もありませんでした。
    会計(収支)報告、使途をせめてメンバーに明らかにしてほしいです。
    公に集めているので、公に公表の義務はあるはずです。
    ここに限らず、最近注目を集めている教会や勢いのある教会は、
    会計面が不明瞭な点が多いです。
    それをクリアにすることが健全化の第一歩になります。

    いいね

  18. より:

    わたしはクリスチャンで教会に通い、聖書勉強も担任牧師と毎週しています。この教会の証や礼拝の様子をYouTubeで見ました。最初はすごい証だな、若者たくさん救われてていいな!神様が働いてくださってるんだ!って思ったんですが、証のなかで聖書箇所をシェアしている動画で、その聖書のみことばが証と関係ないというか、間違った解釈してるところがあることに気がつきました。そして、いくつも見ていくうちに、みことばは自分の好き勝手に解釈し、説得力ある話にするためにみことばを利用してる感じに見えました。
    そしてイエス様に対する敬意があまり感じられない感じを受けました。確かにイエス様は友達でもあるけど、でも神様であり、主であるから、え、そんな態度でいいの?って感じでびっくりしました。(国民性かな)
    聖書の全体の教えからは少し方向が違うと思いました。
    せっかくイエス様信じているのなら正しく学んでほしいですね、、、
    イエスの名を呼ぶものが全員天国に行けるわけではないと書いてありますし、、、
    この教会が実が実る教会になることを祈ります。
    そして心が傷ついた方へ神様の哀れみと慰めがあるように祈ります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中